FUT法による手術の流れ|おすすめの抜け毛はシャンプーで元通りになる

おすすめの抜け毛はシャンプーで元通りになる

FUT法による手術の流れ

男性

メスを使わない手術

名古屋市内には自毛植毛を行うクリニックがあり、名古屋市街はもちろん県外からも手術を受けに多くの患者さんが受診しています。自毛植毛は自分の毛根を髪が薄くなっている部位に植毛し、薄毛を解消する手術法です。毛根を採取する際の施術法にも、色々な方法があります。FUT法はメスを使う採取法の1つです。FUT法の場合、まず最初に毛根を採取する為に髪を刈り上げる事から手術は始まります。健康な毛根のある部分を刈り上げたら、メスで皮膚を切開し切除します。その後、株分けといって植毛する毛根を皮膚から分ける工程をへて、いよいよ頭皮をへと植え付けて行くのです。そして、株分けした毛根を植え付ける為、頭皮に穴を開けて移植を行います。FUT法はおおむね、このような施術となるので覚えておきましょう。

髪は伸ばしておくと安心

名古屋市内にはFUT法による自毛植毛を行うクリニックがあり、薄毛に悩む患者さんが多く受診しています。自毛植毛は名前の通り、自分の髪を植え付けて髪のボリュームをアップする治療法です。かつらなどとは違い、自分の髪でボリュームアップできる為、見た目も触り心地もとても自然になります。名古屋市内には自毛植毛を得意とするクリニックもあるので、まずは受診してカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。この時、ある程度髪を伸ばしておくと安心です。自毛植毛の場合、頭皮の皮膚を切り取り毛根を採取する施術法を行う場合があります。髪があまりにも短いと切開した部分が、目立ってしまう恐れがあるのです。一般的に自毛植毛を行う際は、髪を4センチ以上伸ばす必要があります。